慶應大学通信の偏差値②

 

昨日のブログで、通信教育に偏差値という概念はないと書きました。

 

ところが、慶應大学の場合、願書を送っても不合格となる可能性が他の通信制大学より多いという問題があります。

 

でも、合格して入学できる方の方がずっと多いので、不合格とならないようにすることはそんなに難しくはないはずです。

 

不合格となる理由としては、提出書類の誤字脱字が考えられます。

 

少なくとも、誤字脱字にはよく気を付けると、不合格となる可能性は下がるはずです。

 

そのため、願書を書いたらさっさと送ってしまうのではなく、誰かに見てもらい、チェックしてもらうとといいですね。

もう一つ考えられる理由がありますので、それについては明日書きます。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――