慶應大学通信の科目・法学(憲法を含む)スクーリング編

 

法学(憲法を含む)は夜間スクーリングを受講しました。

 

スクーリング初日、若い男性が、バッグを肩にひょいっとかけて軽快に教室に入ってきましたが、学生かと思っているとまっすぐに教壇に向かって歩いていきました。この方が先生でした。

 

先生の専門は日本法制史だったので、講義の内容は法律の歴史に重点を置いたものでした。

 

歴史という観点からでも法律を見るという方法もあるのかと思ったことを覚えています。

 

結局、私の卒論のテーマは日本法制史になったので、このスクーリングは、のちのち私が卒論のテーマを決めるにあたって、影響の大きいものだったのかもしれません。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――