法律用語「又は」と「若しくは」

行政書士の平井です。

法律用語は、日常用語とは少し変わった意味合いをもつことがあります。
今回から、いくつかご紹介していこうと思います。

まずは、「又は」と「若しくは」です。

日常ではほぼ同じ意味で使われる言葉ですが、法律用語では分けて使われます。

一般に、大きな分類に「又は」を使い、小さい分類に「若しくは」を使います。


例えば、皆さんが次の休みをどのように過ごすか悩んでいるとしましょう。

まず、テーマパークに遊びに行くか、映画館に行くかで悩んでいます。

さらに、映画館に行くとしたら、アクション映画を見るかラブストーリーを見るかで悩んでいるとします。

この場合、法律用語で表現すると、次のようになります。

「次の休みは、テーマパークに遊びに行く又は映画館でアクション映画を見る若しくはラブストーリーを見る。」

このように、条文を規定する時には意味をしっかりと分けて表現を考えているのです。


これが分かると、少しだけ条文が読みやすくなります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――