資格試験の難易度

行政書士の平井です。
私は資格の大原で行政書士講座と宅建講座に携わっているのですが、そのなかで、資格ごとの難易度について考えることがあります。

受講生の方から「この資格とこの資格、どちらが難しい?」と聞かれることがあるのですが、実はけっこう迷うんですね。

というのも、やはり個人差によるところが大きいからです。
得意不得意はもちろんのこと、その方が今までどのような経験をされてきたか、どのような仕事をされてきたのか、それによって知識の入り方が変わってきてしまうからです。

例えば、私は行政書士試験に合格した後に宅建試験を受けました。
両試験には民法が共通の試験科目になっていますし、行政書士の実務をしていた関係で、宅建業法もほぼ勉強せずに済みました。

その結果、あまり勉強せずに宅建試験に合格することができました。
宅建試験に限って言えば、講師としての勉強のほうが圧倒的に時間がかかっています(笑)。

ただ、簿記の勉強はというと、かなり苦戦しそうな予感です(笑)。

一般的に簿記2級と宅建では宅建のほうが難しいとされていますが、私個人でいえば、むしろ簿記のほうが圧倒的に難しいわけです。

当たり前といえば当たり前ですが、このように、結局は個人差がかなり出てしまうのです。

資格試験を受けてみようかなと考えていらっしゃる方は、難易度についてはあまり神経質になりすぎないで大丈夫ですよ。

ご自身のこれまでの経験などを振り返り、身近な資格を狙ってみることをおすすめします。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――