副業としての法律資格

行政書士の平井です。

今回は、資格の使い方について考えてみます。
例えば行政書士や社労士、司法書士などを取得したあと、その資格をどのように
使うかについては、様々な道があると思います。

私が取得した行政書士については、実はあまり合格後に開業される方は多くはな
いんです。

確かに独立開業というのは魅力的なことですが、今現在の仕事を辞めて独立する
のはかなり悩むところでもあります。
そこで、ひとつ「副業としての士業」という考え方をしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、勤務先の了解が必要にはなってきてしまいますが。
今の仕事を続けつつ、単発の業務をこなしていく。
副業としてはかなりいい部類だと思いますよ。

また、特に宅建は、講師職や家庭教師の案件も多く存在しています。
そういった点でも、かなり有意義なものであるといえます。

多用な使い方ができるのが、資格の魅力だと思いますので、是非皆様も検討して
みて下さい!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――