簿記3級ワンポイントレッスン 勘定科目ってなあに?その目的は?

 

企業は日々の取引を仕訳という独特の方法によって帳簿に記録します。
仕訳とは簡単な用語と金額のみで取引を表す方法を言い、この時の簡単な用語の事を勘定科目といいます。
取引を同じ性格のもの同士分類する為のもので、目的は税金を計算したり、経営者が経費・資産・利益の増減を分析する上で科目を区分けする事です。

 

ただし、どの勘定科目を使うかについて法律で決められている訳ではないので企業によって使う勘定科目は違って来ます。それ自体問題ありませんが、前述の目的があるので一度決めたらその勘定科目を使い続ける様にします。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――